ライフETCカードで節約生活

ガスステーションのない道路

高速道路を利用する前に必ず確認をしたいのが、ガソリンは十分に入っているかどうか、と言う事です。実は高速道路は区間によって、全くガスステーションのない道路も存在します。 実際に次のガスステーションまで、200キロまでガスステーションのない道路として看板が立っている事もあり、高速道路利用者にとっては興ざめしてしまいます。

最近ではETCの普及により、高速道路を利用する方も以前に比べて増加傾向となっています。そんな中ガスステーションのない道路で渋滞に巻き込まれてしまった場合には最悪の事態が起こってしまいます。 そして、ガス欠により走行が不可となりますと、整備不良として違反切符を切られてしまう事になりますので、ガソリンの給油は十分に行いましょう。 また、休憩などをしっかりとっておかないと、運転操作の判断を誤ってしまい、重大な事故につながる場合もあります。 休憩の問題だけではなく、睡眠不足によっても運転操作のミスは起きやすく、飲酒運転と同じくらい危険であると言われています。

睡眠不足により、身体は起きていても脳は限界を感じているため、操作ミスや、危険回避ミスを起こしやすいのです。 その為、一般道でも高速道路でも体調は万全にしてから、運転をする事が大切なのです。

ライフETCカード